【米子信用金庫横領不祥事】1,200万円着服した元職員の名前や顔画像は?21年前の使い道がエグい

社会・時事ニュース
スポンサーリンク

ひどい着服事件のニュースが入ってきました。
鳥取県の米子信用金庫60代元職員男性が21年も前に約1200万円を着服していたとが分かりました。
なぜ今ごろになって?
今回は「【米子信用金庫横領不祥事】1,200万円着服した元職員の名前や顔画像は?21年前の使い道がエグい」として情報をまとめました。
さっそく以下から詳しく見ていきたいと思います。

上手いことやったな。しかしいい時代だったね。
何億誤魔化しても数年むしょに入れば刑事罰は終わりだし汗水垂らして頑張るのがなんだかなーと思うね。

スポンサーリンク

米子信用金庫の60歳代元職員の男が顧客の預金など約1200万円を着服!

米子信用金庫(本部・鳥取県米子市)は25日、元職員の60歳代の男性が、県西部の支店で勤務していた2000年に、顧客3人の預金を無断で解約するなどして計約1200万円を着服していたと発表した。当時の経営陣は事実を把握しながら監督官庁の鳥取財務事務所に届け出ず、被害者への返済に充てるため元職員に違法な融資も行っていた。

ヤフーニュース

いくら金融機関で信用が大事だからって着服した人間を円満退職させた上、融資して弁済させるって・・
結果的には信金だけが損したな。犯人は借金は残るがそれは自分が使ったものだから当然として罪には問われない、信金は信用失墜し未回収の融資が500万残った。
というか退職金満額出たのに200万しか返せなかったの?他にも借金してたのかな。

スポンサーリンク

60歳代元職員男性の実名や顔写真は判明した?使い道がヤバい?

報道によると、この男性元職員の名前や顔画像はまだ公表されていません。
着服についてはすでに時効が成立しているとのことで、実名や顔写真が出る可能性は低いかもしれませんね。

着服したお金の使い道ですが、報道によると「遊興費」に充てていたとあります。
(ちなみに遊興費は、「ゆうこうひ」ではなく「ゆうきょうひ」と読みます)
遊興費は幅広い意味で使われますが、飲食代やギャンブル、買い物などに使っていたのでしょうか。
退職金が満額支給されたにも関わらず、弁済できなかったことを考えると相当金遣いが荒かったか、もしかすると他にも借金等があった可能性もあります。

それにしても、もちろん着服したこの元職員男性が悪いのは当然ですが、米子信金の一連の対応も悪かったですね。
この着服したお金の弁済のため、元職員に融資を行っていた?
公表せずうやむやにしていた米子信金の責任が今後問われそうですね。

米子信用金庫は、鳥取県内に11店舗、島根県内にも4店舗あるんですね。
職員数は200人ほどと、信金にしては中規模程度でしょうか。

スポンサーリンク

このニュースに対するネットの反応は

田舎の信金。言わないだけで、ここ20~30年前はどこでもそんな不祥事は起きてたさ。密かに内部処理。一番困るのは地元密着をうたいながら、地元の顧客に地銀都銀より高い利率で貸してて、職員が不祥事してたとバレて信用を損なうこと。

当該職員が政治家や大物経済人の紹介や姻戚であるとよくこのような事例が見られた。経営陣が一番悪い。自分が責任を被る気が無くなあなあでの内輪処理。県の検査時、不動産担保が無ければ指摘されるハズだが、担保は処分したのか。このたびの公表も分類債権になり県の査察で説明出来なかったのだろう。どこの銀行、信金でもある。

着服は1円でも犯罪ですが、表沙汰にしたくなかったのか21年間非公表。「着服は時効」だとか…
預金者の立場では、不安も募るでしょう。
コロナ不況もあってこの種の事件が頻発しそうです。
「銀行員・経理など金銭に近い」「取扱の権限がある」「監視の目が少ない」「暮らしぶりに変化」「男性は借金返済、女性は贅沢に使う」など犯罪の共通点も見受けます。
窃盗・横領は必ず見つかり、見つかったら犯罪者として家族や友人まで迷惑を被ります。
他人のお金には決して手を付けないよう、肝に銘じるべきです。

着服した犯行者に貸し付けるって考えた人間もすごいな。どっからそんなアイデアが出てくるんだ。とっくに退職してるんだろうな。
もう少しでなかった事に出来たと言うことか。しかし信金で長年働いていたら、1200
万位、当時うまくやれば退職金で弁済出来たと思うのだが、未払いが500万って事は、
浪費癖が抜けなかったのかねえ。

身近な人の信金で同僚が顧客の金を着服して内部監査で発覚。本人は他県にFP試験講習で出払っていたが、その後は二度と会社に戻る事は無かったみたいだわ。やはり内部処理で片付けて外に漏れないだけ。金融関係以外でもチラホラ耳にするし、口外禁止令は出てるのだろうが噂は何処からともなく漏れますわ。あくまでもリアルな噂だけどさ!悪い事をしないのが得策と言うか当たり前。

職員の横領はしょっちゅうあるからそんなにある意味珍しくないけど、この案件は
・信用金庫経営者による不正の隠蔽
・隠匿のための金融庁に届けてる業務方法書を無視した不正貸付
・金融庁と日銀への報告義務違反(検査忌避も)
・信用金庫法違反を認識した上での、貸出の継続(営業区域外に引っ越したら会員資格喪失になるので、原則一括弁済になる)
があるから、ただの横領事件じゃない。
米子信金の営業許可が取り消されてもおかしくない事案だよ。

「米子」って名前がついていても、「米子」の金融機関の意識なし。
昨年中に、米子駅周辺、街の中心部、デパート(高島屋、天満屋)の「ATM]を撤去。
田舎の為、まだ、キャッシュレスには程遠い地域。出金するの大変な金融機関。
3月末にははっきりされるそうなので、それを見て、検討。

タイトルとURLをコピーしました