【林修の今でしょ講座】ウォーキングの正しい歩幅は?

美容・健康・生活
スポンサーリンク

2021年4月6日放送の「林修の今でしょ!講座2時間SP」は今大人気のウォーキング特集でした。ウォーキングの正しい歩き方を専門家から学び、ウォーキングの正しい歩幅は?ウォーキングで肩こり解消?ウォーキングに合った時間帯は?などの疑問にも答えました。今回の記事では、「ウォーキングの歩幅は?正しい歩き方で筋力アップ【林修の今でしょ講座】」について紹介していきます。

スポンサーリンク

ウォーキングの歩き方で正しい歩幅はどれくらい?

ウォーキングする際に正しい歩幅を意識して歩くと、筋力アップにつながるそうです。

専門家の先生によると、ウォーキングでちょうどよい歩幅は「2歩分」とのこと。

歩幅が狭いと筋肉がつきにくくなり、逆に歩幅が広いと重心が安定しなく姿勢が崩れてしまいよくないのだとか。

ウォーキングするときには、地面のブロックなどを目印にして、「歩幅2歩分」を心掛けて正しい姿勢で歩きたいですね。

スポンサーリンク

正しい歩き方のポイント

ウォーキングするときの正しい歩き方のポイントは、まずは両足をまっすぐに前に出すこと。

そして、正しい足裏のつき方は、かかとからついてつま先で地面を蹴らない。

つま先がスムーズに地面から離れていくのが正しい歩き方だそうです。

以上をまとめると、

①両足をまっすぐ前に出す。

②歩幅は「2歩分」を意識

③かかとから優しく接地してつま先で地面を蹴らない

の3点が正しい歩き方のポイントです。

ダイエット専門家が考えた「マジカルスムージー」ハッピー定期コース初回980円 マジカルスムージー

スポンサーリンク

まとめ

正しい歩き方でウォーキングすると、筋力アップにもつながることが分かりました。ぜひ試してみたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました