若松香織・良樹の顔写真や自宅特定は?子供虐待の詳細がヤバい【北海道留萌市】

社会・時事ニュース
スポンサーリンク

5年前に北海道留萌市で次女の頭を殴りケガをさせたとして30代の夫婦が逮捕された事件。逮捕されたのは無職の若松香織容疑者(37)と会社員の若松良樹容疑者(38)と判明しました。この非道な夫婦の顔画像経歴などは明らかになっているのでしょうか。今回は「若松香織・良樹の顔写真や自宅特定は?子供虐待の詳細がヤバい【北海道留萌市】」として情報をまとめました。さっそく以下から詳しく見ていきたいと思います。

こんな可哀想なニュースはない。小さな体で2人で虐待に耐えていたんだと思うだけで泣けてくる。辛かったよね・・・

スポンサーリンク

娘の頭を何度も殴り日常的虐待の疑いで夫婦を逮捕!

5年前、北海道留萌市で次女の頭を殴りケガをさせたとして、30代の夫婦が逮捕されました。次女と弟の体にはやけどや打撲の痕が数十か所見つかっていました。傷害の疑いで逮捕されたのは、留萌市の無職、若松香織容疑者(37)と会社員の若松良樹容疑者(38)です。

ヤフーニュース

子どもを虐待するニュースばかりで辛くなる。
虐待した親から子を引き離すもっと強い法律が必要です。
いったい、何人の子が犠牲になれば、政府は動いてくれるのか?

スポンサーリンク

若松香織・良樹夫妻の顔画像やFacebook特定は?

報道によると、若松香織・良樹夫婦の顔画像はまだ公表されていません。
Facebookについても、同姓同名のアカウントがいくつかあり特定までには至りませんでした。
Twitterやインスタグラムなどについても同様でした。

スポンサーリンク

若松香織・良樹夫妻wiki風プロフィール

継母
名前:若松香織(わかまつ かおり)
年齢:37
住所:北海道留萌市
逮捕容疑:傷害
その他:

父親
名前:若松良樹(わかまつ よしき)
年齢:38
住所:北海道留萌市
逮捕容疑:傷害
その他:子供2人を連れ再婚

虐待が判明している次女と弟は、報道によると若松良樹容疑者の連れ子のようです。

スポンサーリンク

若松香織・良樹夫妻の自宅特定は?

現在判明しているのは北海道留萌市までなので、さらに詳細が明らかになったら追記していきたいと思います。

スポンサーリンク

子供の人数や性別、虐待の内容は?

報道によると、この夫婦には計6人の子供がいるようです。最初にニュースになったのが、5年前に次女に対する傷害。頭を何度も殴り全治2週間のけがをさせていました。そして、次女のにも虐待を加えていたことが分かりました。弟には火傷や打撲の痕が数十箇所も見つかったそうです。これまで分かった子供の人数や性別、虐待の詳細は以下の通りです。

長女(?歳)…
次女(現在14歳?/当時9歳)(=男の連れ子)…頭殴られ全治2週間のけが、火傷の痕
弟(現在12歳?/当時7歳)(=男の連れ子)…火傷や打撲の痕数十箇所、内臓も損傷
不明(?歳)
不明(?歳)
不明(?歳)

姉弟を診察した病院が児童相談所に連絡し、児相が2016年3月に一時保護して警察に通報。姉弟は現在、児童養護施設で暮らしているようです。

スポンサーリンク

このニュースに対するネットの反応は

何年も前の事件だけど、よく逮捕まで漕ぎ着けたと思う。
女の子もよく話してくれた。
こういう輩は許しちゃいけない、徹底的に厳罰に処すべき。

どんなことを親が子供にしたのか。それを報道するのは、これからの子供を守る社会に繋がることというのは分かってます。分かってるし、なら読まなきゃいいと言われればそれまでなんだけど、読むと本当に心底心底気持ち悪くなります。

こんな親でも行政は親権の剥奪に及び腰。
児相の保護も人手不足もあって後手後手に回りがち。
こう言う所にもっと予算を振り向けてほしい。

自分自身のストレスの吐口を公になる事が難しい自分の子供に向けている訳でしょう。その子供は歪んだ感情が引き継がれてしまう確率が高いそうです。家族の愛情に飢えていて人よりなお家族を必要としているのに悲しい矛盾を生みます。

子供に何の罪も無い。もはやこれは親でも何でもない悪魔。重罪にして二度と子供とは会えないように。親と離れることは子供は辛いけど、生きていることが幸せだと思えるようになってほしい。

そんなに憎い子どもを手放さないのは、扶養手当などお金が入るからでしょうか?
事故に見せかけて保険金をとりたいのでしょうか?
はたまた、残虐な行為を楽しむ変質者なのでしょうか?
児童施設にも預けず、虐待する人の気持ちがつかめません。

5年前の夫婦の虐待事件が今月7日に逮捕にこぎつけたのですか。子供を虐待する行為は決して許されることではない。この夫婦はすぐに社会復帰してくるだろうと思います。また虐待を繰り返すことが心配です。

タイトルとURLをコピーしました