角田裕毅の高校中学はどこ?学歴や経歴、国籍、年収(年俸)も調査!

芸能・エンタメニュース
スポンサーリンク

角田裕毅(つのだゆうき)さんが自動車レースの最高峰「F1」に2021年シーズンからアルファタウリ・ホンダのドライバーとして参戦します。今回は「角田裕毅の高校中学はどこ?学歴や経歴、国籍、年収(年俸)も調査!」として情報をまとめました。さっそく以下から詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

角田裕毅の学歴は?中学や高校はどこ?

角田裕毅さんのwikiや公式サイトによると、高校は日本大学第三高等学校に入学し、その後、和光高等学校に転校しています。本格的にレーサーを目指すための転校だったのでしょうか。現在は日本体育大学に在学中のようです。また小学校からインターナショナルスクールに通い英語が得意なのもうなずけます。角田裕毅さん学歴を簡単にまとめてみました。

・2007年3月 LCAインターナショナルプリスクール卒業
・2013年3月 LCA国際小学校卒業
・2013年4月 日本大学第三中学校入学
・2016年4月 日本大学第三高等学校入学
・2017年4月 和光高等学校転入学
・2019年4月 日本体育大学スポーツマネージメント学部入学

高校1年生のころのかわいい角田裕毅さんを見つけました^^
すでにこのころには「スーパー高校生」などと騒がれていたようです。

DAZNで角田裕毅F1全レースをライブ中継 DAZN

スポンサーリンク

角田裕毅の経歴プロフィール、国籍は?レース歴も

角田裕毅さんのプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前:角田裕毅(つのだ・ゆうき)
生年月日:2000年5月11日生まれ(現在20歳)
出身地:神奈川県相模原市緑区
国籍:日本
身長:160cm
体重:53㎏
血液型:Rh+AB型
特技:日本英語検定準2級、TOEIC Bridge 132点
所属チーム:アルファタウリ・ホンダ

レース歴は?

——–レーシングカート———-
・2005年 4歳で初めてカートに乗る
・2007年 東日本ジュニア コマー60で初戦優勝
・2010年 新東京NTCカップシリーズ チャンピオン
・2012年 全日本FPジュニアクラス シリーズ3位(東地区1位)
・2014年 IAME X30日本一決定戦 優勝
・2016年 全日本選手権KFクラス シリーズ4位
などなど
——–4輪レース———
・2016年 スーパーFJ 日本一決定戦 優勝
・2017年 JAF-F4 日本一決定戦 優勝
・2018年 FIA-F4 シリーズチャンピオン
・2019年 FIA FORMULA 3 CHAMPIONSHIP シリーズ9位
・2020年 FIA FORMULA 2 CHAMPIONSHIP参戦 シリーズ3位
・2021年 FIA FORMULA 1 CHAMPIONSHIP参戦

DAZNで角田裕毅F1全レースをライブ中継 DAZN

スポンサーリンク

角田裕毅の年収(年俸)やスポンサー料は?

トップクラスのレーサーなら数十億円の年俸がもらえるF1ですが、若干20歳の角田裕毅さんの年収(年俸)はいくらくらいになるのでしょうか。2021年のF1世界選手権に参戦するF1ドライバーはわずか20人しかいません。その中でもワールドチャンピオン7回を数えるメルセデスのルイス・ハミルトンの年俸が3000万ドル(約31億円)と言われています。もちろんF1ドライバーの中でトップの金額です。角田裕毅さんはこの中で最年少、しかもデビューシーズンなので、50万ドル(約5200万円)くらいではと予想されています。最低レベルでこの金額です、すごいですね^^ 角田裕毅さんの公式サイトなどを見るとHONDAやヘルメットのAraiなども名を連ねており、スポンサー料やボーナスなども相当なものと思われます。レーサーは命がけですからね、当然といえば当然です。

タイトルとURLをコピーしました