桃田賢斗は両親からどう育てられた?バドミントン経験は?育て方と教育方法!

トレンドニュース
スポンサーリンク

バドミントンの桃田賢斗選手は、東京オリンピックでは金メダルが期待されている一人です。

このバドミントンの申し子を育てた両親はどのような人で、育て方や教育方針はどうだったのでしょうか?

スポンサーリンク

桃田賢斗選手は両親にどう育てられた?どんな親だった?

桃田選手のご両親は、父親が桃田信弘さん、母親は桃田美千代さんといいます。

信弘さんは香川県三豊市三野町にある「ミツノ鉄工株式会社」に勤務。

両親ともバドミントンの競技経験はないそうです。

桃田選手の「賢斗」は、信弘さんが「スーパーマン」の主人公クラーク・ケントから名付けられました。

「世界一強い人になれるように」という想いが込められているそうです。

桃田選手は3歳上の姉・めい子さんの影響で、小学生からバドミントンをはじめました。

やはりこのころから才能があったのか上達が早かったため、信弘さんは独学で練習法などを学び桃田選手をサポートするように。

自宅でも練習できるように、駐車場にラインをひいてコートにしたり、フットワークの練習なども一緒にやっていたそうです。

桃田選手得意の「ヘアピン」も、こうした練習で培われたのかもしれませんね。

美千代さんも食事面や生活面でかなりのサポートをしていたことでしょう。

両親の愛情と努力の甲斐もあり、桃田選手は世界ランキング1位まで上り詰めることができました。

ただ、桃田選手のカジノ問題については、両親ともかなりたいへんだったことでしょう。

とくに美千代さんはショックで食事も喉を通らない状態だったとか。

もともとギャンブル嫌いだった信弘さんは「世の中に謝罪して自分の行動を改めてほしい」とインタビューで語っていたそうです。

交通事故など、さまざまな紆余曲折もありながら、家族の絆はさらに深まり今につながっています。

育て方など参考にしたいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

面白かったですね。

とても参考になりました。

タイトルとURLをコピーしました