【告白】眞鍋かをりさん「23歳の頃、本でADHDのことを知り『私のことだ』と思いました」ADHD傾向自覚と居場所を語る

芸能・エンタメニュース
スポンサーリンク

大学時代から仕事を始めた眞鍋かをりさんは、多忙な生活から逃げ出せず心身ともに追い詰められた。仕事がつらかったのは、注意欠陥・多動性障害(ADHD)の傾向があったことも関係していると思います。

スポンサーリンク

【告白】眞鍋かをりさん「23歳の頃、本でADHDのことを知り『私のことだ』と思いました」ADHD傾向自覚と居場所を語る

スポンサーリンク

ネット上の感想や口コミは?

タイトルとURLをコピーしました