【保育園バス死亡】保護者会で20人もの園児閉じ込めが発覚 園長「みんなの前で叱るのは可哀相なので人のいない場所に連れて行って叱った」

社会・時事ニュース
スポンサーリンク

福岡県中間市にある認可保育園「私立双葉保育園」で送迎バス内にいた園児の倉掛冬生ちゃん(5歳)が熱中症で死亡した事件。週刊文春によると、保護者会で園で起こっていた過去の閉じ込め事案が明らかになっていたようです。

スポンサーリンク

【保育園バス死亡】保護者会で20人もの園児閉じ込めが発覚 園長「みんなの前で叱るのは可哀相なので人のいない場所に連れて行って叱った」

そこである保護者が「子供が(倉庫に)閉じ込められていた保護者の方って、どれくらいいるんですか?」と参加者全員に尋ねた。すると何と「約20人もの出席者が挙手した」(出席した保護者)という。

会場からは「わざと(冬生くんを)閉じ込めたのではないか」という追及もなされ、弁護士が「故意に閉じ込めたことはない」と制止する事態も起こっていた。

園長に事実関係を問うと、弁護士を通じて、「みんなの前で叱るのは可哀相なので、人のいない場所に連れて行って、叱ったことは事実です」と回答した。

週刊文春

倉庫への閉じ込めはかなり多くの園児が経験していた模様。

スポンサーリンク

ネット上の感想や口コミは?

タイトルとURLをコピーしました