【病名は?】旭川中2女子凍死の死体検案書に誤った精神疾患の病名記載「本当にひどい。嘘や隠蔽がどんどん暴かれてる」

社会・時事ニュース
スポンサーリンク

北海道旭川市で3月、中学2年広瀬爽彩さん(14)が凍死しているのが見つかり、背景にいじめがあった疑いがある問題で、広瀬さんの死体検案書の「死亡の原因」欄に、当時かかっていなかった精神疾患の病名が記入されていたことが20日、関係者への取材で分かった。

スポンサーリンク

【病名は?】旭川中2女子凍死の死体検案書に誤った精神疾患の病名記載「本当にひどい。嘘や隠蔽がどんどん暴かれてる」

広瀬さんが当時患っていなかった「統合失調症」と記載されていたようです。

旭川医科大の医師が3月下旬に発行した死体検案書の「直接には死因に関係しないが、死因の傷病経過に影響を及ぼした傷病名等」に、広瀬さんが当時患っていなかった「統合失調症」と記載されていた。

Twitter

スポンサーリンク

ネット上の感想や口コミは?

タイトルとURLをコピーしました